海藻でアンチエイジング

海藻の効果について

低インシュリン食の情報

アンチエイジングを海藻で 

海藻は、含まれる糖質が少なく食事後の血糖値上昇やインシュリンの分泌を抑える効果のある、『低インシュリン食』です。これを食すことで繊維質を多く摂取することができ、体の中の老廃物が排出され、アンチエイジング効果が得られます。また、カロリーも大幅に抑えられるので、ダイエットにも効果的です。海藻類には食物繊維の他に、ヨウ素・亜鉛・マグネシウム・カリウム・カルシウムといった人間の体に必要不可欠なミネラルが豊富に含まれています。独特の粘りが食事に伴う糖や脂質の吸収を抑制し、ミネラルの吸収を助けます。これにより、ホルモンの働きが活発になりアンチエイジングに繋がります。

低インシュリン食でダイエット 

「低インシュリン食」は、美肌やダイエットなどのアンチエイジングに効果があるとされています。これは、その名の通りインシュリンを低く抑える食品を取ることを指し、血糖値を低く保つことによって脂肪の燃焼を活発にさせます。また、インシュリンには体内で消費されずに残った糖を脂肪細胞に蓄える働きがあるため、インシュリンの摂取量を抑えることによって、残った糖が脂肪細胞に蓄えられるのを防ぎます。これによって、ダイエットやアンチエイジング効果が期待出来るのです。実際に低インシュリン食を実践する時は、血糖上昇率を示す「GI値」が低い海藻類やきのこ類などを意識して取るようにします。

アンチエイジング食

© Copyright アンチエイジングには玄米. All rights reserved.